社労士受験失敗談

私は3度目の社労士試験で合格しました。
ですから、かなり長い期間勉強してきた事になります。

通常、受験書や同様の社労士受験サポートブログでは成功例や効率的な
勉強方法などを中心に説明がなされています。
それはそれで参考になるのですが、中には天才肌の方もいらっしゃいます
ので、ちょっと現実には厳しいのでは・・・というものもあります。

色々な情報がある現代では、その情報のおかげで助かることもあれば
逆に合格への道のりの妨げになるものも多くあります。
ですから、今の自分に一番必要な情報は何かを見極める事が非常に重要に
なります。

この点での私の失敗例は、情報に流されすぎた事につきます。
基本書から何か興味のある事やわからない事があると、労働法関連で
あれば判例集を読んでみたり六法を読んでみたりと幅を広げすぎたのです。
これは決して悪い事ではありません。しかし、私は仕事をしながらの受験
だったので、この様な事をやっていると時間がいくらあっても足りないの
です。

この場合、あまり広げすぎずこういうものなんだ!と理解する事も非常に
重要だと思います。

最大の目標はあくまで社労士試験に合格する事。そのための最短ルートを
見つける事が必要ですね。これは人によって違ってくると思います。
私の様に働きながら受験を受けられる人は、まずはその点を気をつける事が
重要です。



 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。