社労士の資格、どう活かしますか?

既に実務についている方や開業を控えている方、またはこれからどの様に
して資格を活用していこうかと考えている方も多いかと思います。
社労士の守備範囲というのは非常に幅広いです。

社労士法2条では、

1.労働社会保険諸法令に基づいて、行政機関等に提出する申請書、届出書、
 報告書、審査請求書、異議申立書、再審査請求書その他の書類(申請書
 等)の作成
2.申請書等についての手続代行、事務代理
3.個別労働関係紛争解決促進法に規定するあっせんについて、紛争当事者
 を代理すること(あっせん代理)
4.労働社会保険諸法令に基づく、1以外の帳簿書類を作成すること
5.事業における労働管理その他の労働に関する事項及び労働社会保険諸法令
 に基づく社会保険に関する事項について相談に応じ、又は指導すること
 (労働争議に介入することとなるものを除く)

とあります。

上記の1から4までは、法2条の1号と2号(条文の枝番)に規定されて
いるので、俗に「1・2号業務」と呼ばれています。いわゆる「社会保険
手続業務」です。
会社員の加入している雇用保険、健康保険、厚生年金保険については加入
手続きは会社が行います。具体的には会社が、「資格取得届」という用紙
に、Aさんの名前や生年月日などの必要事項を記入して、公共職業安定所
や社会保険事務所などの役所に届け出ます。この手続きを、「社会保険
手続業務」といいます。
手続きは、資格取得の時だけでなく、配置時、昇進時、退職時など、様々
な場面で必要で、すべての手続きを併せれば、膨大な量となるのです。
それらの業務は、豊富かつ正確な法律知識を持つ社労士が担当することに
よって、ミスを極力減らすことができます。勤務社労士は自社の、開業
社労士は他社の手続業務を行います。手続業務は、社労士でない人が報酬
を得て行ってはなりません。法律による保護があるということですから、
1・2号業務で顧客を多く掴めば、生活が安定します。

上記の5は、法2条の3号に規定されているもので、俗に3号業務を呼ばれ
ています。これは、いわゆる「相談・指導業務」です。
簡単に言うと、「人事・労務部門に特化した経営コンサルティング」です。
人事部の仕事は、社会保険の手続きだけではありません。採用、配置、昇
進、解雇などに伴う業務は、法律の知識をもって厳格に対処せねばなりませ
ん。そこで、社労士が専門家の立場から相談を受けたり、指導を行ったりす
るのです。3号業務には、法律の保護はありません。社労士でない人でも、
自由に行うことができます。

上記以外にも社労士試験の受験指導や年金相談、講演、企業研修や助成金の
申請代行などなど、社労士のフィールドは幅広いものがあります。
また、自身の専門性を活かし、社労士の資格とプラスαして活躍されていらっ
しゃる方も多いです。
今後、社労士の方がどの様なフィールドで活躍しているかなども随時ご紹介
したいと思いますが、まずは自分で社労士という資格をどう活かしていく
か、じっくり考えて見てください。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。