基本的な勉強方法

これはあくまで私の勉強スタイルとしてご紹介致します。
高校や大学受験とは異なり、社労士試験は色々な方が受験されます。
その方々のライフスタイルによって勉強方法は変わってきて当然です。
でも、最低限基本的な部分というのは共通していると思いますので、
ご参考にして下さい。

今回は基本的な流れをご説明します。

◇基本書の通読・精読(2〜5回)
 →内容を覚えるというよりは、書いてある事を理解する。
◇過去問演習(反復)
 →最初のうちは都度基本書に戻りながら進める。
◇改正法や常識(白書対策などの)問題の演習
 →基本書に都度戻る

基本的には以上のスタイルです。
これに余力があれば、予想問題や模擬試験を行ってみるのもいいかも
しれません。

最終的には、基本書は10回位は読みました。
後は、細切れ時間の活用方法として、用語集や要点整理として活用できる
本をいつも持ち歩くことですかね。

どうでしょうか?
いたってシンプルに見えますか?
活字として書いてみるといたってシンプルですが、この反復学習は
なかなかきついです。

社労士試験は忘却との戦いです。ひたすら覚えようとしますが、その一方で
どんどん忘れて行きます。この忘却に勝利するには、よっぽどの天才を
除いては、やはり反復学習しかないですね。

シンプルイズベスト!!

今は色々な情報が入ってきて迷われるかもしれませんが、まずは基本的な
勉強スタイルを中心に考えて下さいね。

この記事へのコメント
みっつさん、お久しぶりです。
この反復学習、本当に大切ですよね。
私は、学習中盤に、分かったつもりになって
基本書へ戻ることをほとんどしなかったんです。
それが、本試験で祟りました。
本試験の復習をして、とてもよく分かりました。
来年度に向けての学習では、どんなに時間が
なくても、面倒くさくても、必ず基本書に戻る!
これだけは忘れてはならないと、
心に刻み込んでいます。
Posted by yuki at 2006年09月19日 20:07
yukiさん
私も当初はあれこれ流されて失敗していました。
で、初心にかえって反復学習に徹してみました。
この勉強は最初が一番辛くて慣れてくると、だんだん楽になってくる様な気がします。
慣れるまでが勝負ですね。
Posted by みっつ at 2006年09月20日 09:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23640329

この記事へのトラックバック

大学受験志望大学一発合格の極意書(合格率100%)
Excerpt: はじめまして。この度「大学受験の極意書」を紹介するサイトを作りましたのでTBさせていただきました。受験生の親御様には、非常に有益な情報です。ご訪問いただければ幸いです。万が一不要な場合は、お手数ですが..
Weblog: 大学受験に合格したいなら!大学受験1発合格実践会
Tracked: 2006-10-13 17:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。